営業職の俺がエンジニアになる

エンジニア未経験の私がエンジニアになるまでの道のりを綴ります

やりたいことが多すぎ病にかかりました

なんかこの1週間はとても早く過ぎ去ったような気がします。自分の人生の中でも5本指に入るほど早く感じた1週間です。人は年をとると時間が早く感じようになるといいますが、あながち嘘ではないのかもしれませんね。

っということで早々と過ぎてしまった先週の振り返りをしたいと思います。

先週の振り返り

1週間毎にフィードバックの記事を書き始めて今回が2回目となりますが、このスタイルに切り替えてみて今のところ、とても良かったと感じています。理由としては「PDCAが早く回せる」のと「小回りの聞いた方向修正ができる」からです。1週間で自分の考えってこんなにも右往左往するものなのかとびっくりしています。

っと少し話がずれましたが、先週に立てた目標は下記のとおりでした。

バリュー・プロポジション・キャンバスを使ってみる

詳細について気になる方は前回の振り返りの記事をご覧いただければと思います。

toyokappa.hatenablog.com

さて、この目標は達成できたのでしょうか?

✗バリュー・プロポジション・キャンバスを使ってみる

ということで目標は未達でした。っといっても全くもってやらなかったわけではなく、とあるステップまで進んだときに色々と疑問が浮かび、一旦ペンディングをしようと判断をすることにしました。

何をやったのか?

実際にどこまでを実施したのかについてご報告。大きくは次の2つのステップです。

顧客マップを作る

百均に行って大きめの模造紙とポストイットを買ってきました。そして手始めに模造紙に手書きで顧客マップを書いてみました。すごく雑な感じですが見た目はこんな感じです。

f:id:toyokappa:20171022231346j:plain

まぁ、ポストイットを貼れるスペースさえ確保できればという感じだったので見た目はあまり気にしませんでしたw

ポストイットで顧客プロフィールを作成する

そして先程作成した顧客マップに「仕事」「ペイン」「ゲイン」の順に項目を書き出し、ポストイットを貼っていきました。

f:id:toyokappa:20171022231411j:plain

このステップまで進んだときにてが止まり、この目標を保留にすることにしました。

なぜ保留にしたのか?

なぜ保留にしたのでしょうか?答えは「自分の方向性にずれを感じたから」です。

バリュー・プロポジション・キャンパス自体はとても素晴らしいフレームワークで、今回の作業の中でも自分の頭の中が整理され、かつ、可視化されるのが作業をしている中でもわかりました。しかし、このバリュー・プロポジション・キャンバスを完成させる、という作業に対して自分がやりたいことの方向性に若干のズレを感じました。そして「じゃぁやりたことは何なのか?」ということを自問自答しても答えが出てこない状況でとても気持ちの悪い状態に陥ってしまいました。

実を言うとその気持ち悪い状態は今も続いています。今の自分の状態をもう少し具体的に言い表すと「やりたことが思いつかない」のではなく「やりたいことが多すぎて的が絞りきれない」という様な状態です。

  • エンジニアとしてスキルを上げていきたい
  • サービスアイデアが3〜4個スタックしている
  • このブログをもっと活性化させていきたい
  • 群馬で友人のネットワークを広げたい
  • 未経験からエンジニアに慣れた道筋を多くの人に伝えたい
  • etc...

私はそんなにハイスペックなCPUを搭載しているわけではないので、これらを全部同時に処理することはできません。なので、改めて自身のやりたことを整理し優先順位を付ける必要があるなぁと感じました。そして今まさに整理をしようとしている最中です。

次回目標

そんな中で、この「ひとり1on1」という企画はとても便利だなぁと感じました。「やりたいことの整理ができていない」のが今の課題なのであれば次回の目標はそれを整理することにすればいいだけなのだから。ということで次回の目標は下記の通りに定めます。

やりたいことを整理する

目に見える成長を求めることも大事なのですが、一旦立ち止まって考えることも大事です。サラリーマンをやっていて(もちろん今もサラリーマンですがw)毎週毎週できもしない目標を自分で立てて、自分の首を締めるということを山ほど経験しました。もちろんそこから学ぶこともあるのかもしれませんが中長期的に見たらあまり意味のないことの様に私は感じました。

なので、今週はあえて次に進む目標を掲げるのではなく、一旦立ち止まる目標を掲げることにします。今週いっぱいはじっくりと自分のやりたいことを整理し、どういう優先順位で進めるべきなのかを定め、次回までに何かしらご報告ができるところまでは持っていけるようにしたいと思います。その答えによってはこのブログのタイトルが変わってしまう可能性もありますが、それも含めて楽しみにしていただければと思います。

ということで以上、今週の振り返りでした。

ビジネス書籍2冊を読破

先週に目標を掲げて早くも1週間が経ちました。1週間って本当に早いんだなぁと痛感しています。ボーッとしてると1週間どころか1ヶ月、いや1年もあっという間に終わってしまうんじゃないかと少し危機感を覚えました。

っということで話がそれましたが、先週に立てた目標の振り返りと来週の目標について書いていきたいと思います。

続きを読む

営業職からエンジニア職に転職するまでを振り返ってみた

今回の営業職からエンジニア職(しかもフルリモート)へのキャリアチェンジをすることが出来たわけですが、それまでにどういったことを準備したのかについて振り返ってみたいと思います。これから未経験でエンジニアを目指す方や今まさにエンジニアを目指している方のために、少しでも役に立てるように私の事例を紹介の意味も込めて書いていきたいと思います。

何から始めたら良いか分からなかったり、勉強法に行き詰まっている方々は是非とも参考にして頂ければと思います。

続きを読む

転職エージェントって実際どうなの?

昨日、群馬でのエンジニアコミュニティを広げるために@ict320さんとお会いしていた中で「転職エージェントって実際どうなのか?」という話に触れる機会がありました。自分自身が転職エージェントでだったこともあり、そのあたりの裏事情(エージェントが思うところ)についてお話をしたのですが、改めて「転職エージェントって実際どうなの?」という部分についてまとめてみたくなったので記事を書くことにしました。

続きを読む

9月の振り返りと10月の目標

早くも10月になりました。今年も残すところ今月を入れて3ヶ月ですね。今年もあと少しということで、残された日々をしっかりと有意義なものにできるよう、例月通り先月の振り返りと今月の目標について書いていきたいと思います。

※今回はいつもよりも記事のボリュームが多くなっておりますが、ご容赦ください。

続きを読む

cocoonをRails5.1で使用しようと思った時にハマる罠

最近新しいアプリケーションの開発を進めています。このアプリケーションを作成するにあたり「Gemがあればとにかく使って実装」という方針で進めています。Knowledge Stockerを実装する際はどちらかと言うと「自分で書いて実装してみる」という流れで作っていたので、Gemに慣れるという密かな目的を推進しています。

そんな中、accepts_nested_attributes_forを使いネストしたフォームを作る際に、フォームを非同期的に追加、削除するという動作が必要となったためcocoonというGemを使ってみました。そこでハマった内容を備忘録的な感じにまとめてみました。

続きを読む

hamlとslimの両方を使ってみた感想

最近は少しでも良いから毎日技術に触れてみる、ということを習慣づけるようにしています。GitHubの草をどこまで生やすことができるかチャレンジですね。それに合わせてこのブログで取り扱う内容についても少しずつ技術的なお話も織り交ぜて行くべきなのではないかと考えており、今回はその第一弾として、Railsのテンプレートエンジンであるhamlとslimを使ってみた感想を書いていこうと思います。

続きを読む