営業職の俺がエンジニアになる

エンジニア経験がない私がエンジニアになるべく奮闘中

5月の振り返りと6月の目標

5月も終わり、気づけば6月になりました。というか6月になったことすら気づかないくらい毎日が目まぐるしく動いています。これは自己成長や新しいことにチャレンジをしている中で、非常に良い兆候であると感じています。そんな中で、本当は先月末に書くべきだった5月の振り返りと6月の目標について記載をしていきます。

5月の振り返り(4月下旬も含む)

GWからRuby on Railsの勉強を始めようと心に決めていました。というのも今年の4月下旬に結婚式を挙げ、それまでは結婚式の準備に明け暮れる日々でした。できることであれば早くRailsの勉強に取り掛かりたいと思っていたところではありましたが、結果切りよくGWから始めることに。

結婚式で再開した大学時代の友人に、フロントエンドエンジニアをやっている友人と直近まで同業(人材紹介業)をやっていて今は物流系の社内SEをやっている友人がいました。そんな彼らを今回のRailsの勉強に誘ったところ快諾をもらい、小規模ながらも定期的に集まるグループが結成されました。グループでは一旦、互いにRailsチュートリアルを進めることを目標にし、粛々と進めることとなりました。

Railsチュートリアルの進捗

Railsチュートリアルは5月下旬で1周目を終えまることができました。期間にしてほぼ1ヶ月。1周目を終えてみての感想については下記の記事にまとめてありますので、ご興味があれば是非御覧ください。

 

toyokappa.hatenablog.com

 


イベントへの参加

5月末にRailsを共に進める友人とクックパッドのオフィスで開催されたTOKYO Rails Meetupに参加しました。英語オンリーの勉強会だったため最初はたじろぎましたが、結果開発に対するモチベーションの上がる会となったことは間違いないです。詳細は下記の記事を。

 

toyokappa.hatenablog.com

 


5月の総評

Railsを学びはじめ、Railsチュートリアルを完走し、イベントに参加し、と本業(人材紹介の営業です)がありながらも5月はエンジニア色に染まることができた1ヶ月であると感じることができました。過去にも何度かプログラミングの勉強を試みようと思ったことがありましたが、ここまでモチベーションを維持しながら、かつ自分の手でシステムを作ったことはほぼゼロでした。今後のエンジニアとしての人生を切り開くのには良い月であったと自負しています。

6月の目標

既に6月に入ってしまいましたが、改めて今月の目標を掲げさせていただきます。

  1. Railsチュートリアル2周目の完走
  2. Railsチュートリアルのアプリに新たな機能を実装する
  3. 自分の力だけで作るアプリケーションの作成に取り掛かる
  4. イベントがあれば参加してみる

上記の通り、今現状Railsチュートリアルの2周目に取り掛かっており、比較的早いスピードで進めることができています。(本日9章が完了)その勢いを留めることなく来週には全14章を完走し、新たな機能を1〜2個ほど実装が出来ればベストであると考えています。

そこで自身を付けて、今自分の中でも1つ作りたい簡単なアプリケーション(概要はまた今度お話します)があるので、それに着手が出来ればと考えています。そのアプリは見立て7月中旬までには完成予定です。(全くもって着手すらしてませんがw)

そして、6月中に改めて他のイベントにも参加が出来ればと考えております。これは前回のRails Meetupに参加してみてモチベーションの向上やコミュニティが広がるというメリットを肌で感じられたためです。

あくまで本業は人材紹介の営業ではありますが、年内にはエンジニアとしての素地を付けて転職ができるように爆速動きたいと考えているので、これくらいができなければ、まだまだであるという自分への戒めも込めた目標ですので、皆さんも暖かく見守って頂ければと思います。

それでは引き続きどうぞよろしくお願いいたします。